ドラキュラ

Dracula
NBAバレエ団公演 ドラキュラ NBAバレエ団公演 ドラキュラ

神に背き、400年。ひとり思い続ける。 洗練された大人の、極上のエンターテイメントNBAバレエ団「ドラキュラ」。



NBAバレエ団が2021年8月7(土)、8日(日)に新国立劇場中劇場にてアメリカで大旋風を巻き起こした話題作、「ドラキュラ」を7年ぶりに上演する。 主役には英国ロイヤルバレエ団プリンシパルの平野亮一、英国バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルの平田桃子をゲストに迎える。


ドラキュラ」はブラム・ストーカー原作『吸血鬼ドラキュラ』の出版100周年を記念して、1996年に現ミルウォーキー・バレエ団の芸術監督(制作当時はノーザンバレエシアターの副芸術監督)マイケル・ピンクがバレエ化したもの。音楽はフィリップ・フィーニー、装置・衣装はマシュー・ボーンとのコンビで知られるレズ・ブラザーストーンという第一線のクリエイターたちが結集して作り上げた超大作である。アメリカでは「歩くホラーショー」と呼ばれており、観客が仮装して来場するなど熱心のリピーターがいる。 NBAバレエ団では2014年に日本初演を果たし、芸術監督久保紘一が第69回文化庁芸術祭舞踊部門新人賞を受賞した。 プレビューとして第1幕のみを上演した2020年2月「ホラーナイト」では、ドラキュラの中性的で妖艶なビジュアルやセクシーなヴァンパイア、男性同士のパ・ド・ドゥ(2人での踊り)、ゴシックな舞台衣装や美術などが観客の注目を集めて大きな話題となり、全幕公演を待ち望む声が多く届いた。 2020年8月に全幕上演予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となり、今回は7年ぶりの全幕上演となる。



8月7日(土)14:00と8日(日)12:00の公演では、英国ロイヤルバレエ団よりプリンシパルの平野亮一と英国バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルの平田桃子をゲストに迎える。 平野亮一は2020年2月NBAバレエ団「ホラーナイト」公演で主役ドラキュラを演じ、その美しくも妖しい演技で存在感を見せつけた。 平田桃子は2019年にアリーナ・コジョカルとともにNBAバレエ団「白鳥の湖」に招聘され、確かな技術と美しく気品ある演技で観客を魅了した。 今回2人の2度目となるNBAバレエ団との共演に期待が高まる。

日 時

2021年8月7日(土)
2021年8月8日(日)

時 間

2021年8月7日(土)
  14:00開演(開場13:15)
  18:00開演(開場17:15)
2021年8月8日(日)
  12:00開演(開場11:15)
  16:00開演(開場15:15)

チケット料金

7日14時/8日12時
  S席 15,400円
  A席 11,000円
7日18時/8日16時
  S席 11,000円
  A席 8,800円
※3歳未満の入場はご遠慮ください。

チケットご購入

● NBAバレエ団 04-2937-4931(月~金 9:00~17:00) ● チケットぴあ (Pコード:506-459) 0570-02-9999 ● イープラス

キャスト






























  7日(土)14時/8日(日)12時 7日(土)18時/8日(日)16時
Dracula

ドラキュラ
平野 亮一 宝満 直也
Mina

ミーナ
平田 桃子 竹内 碧
Jonathan Harker

ジョナサン・ハーカー
宮内 浩之 大森 康正
Lucy

ルーシー
峰岸 千晶 竹田 仁美

※出演者の怪我・病気、その他の都合により変更になる場合があります。 変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の振替は致しかねます。


キャスト変更のお知らせ


8月7日(土)14:00と8日(日)12:00の公演に出演予定だった英国ロイヤルバレエ団プリンシパルの高田茜さんが怪我のため出演を断念せざるを得なくなりました。 出演を楽しみにされていたお客様には、心よりお詫び申し上げます。 主催者としても大変残念ではございますが、一日も早い回復をお祈りいたします。 代役として、英国バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルの平田桃子さんにご出演いただきます。 何卒ご理解を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


[英国ロイヤルバレエ団プリンシパル]高田茜よりメッセージ


こんにちは、英国ロイヤルバレエ団 の高田茜です。 今回はNBAバレエ 団の皆様と8月7日8日に出演予定でした「ドラキュラ」に、 リハーサル中の怪我の為出演を断念する事になりました。 久保紘一芸術監督を始め、沢山の方々に多大なるご迷惑をおかけしまして、 大変申し訳ありません。そして私の出演を待っていて下さった皆様、 大変申し訳ありませんでした。 このコロナ禍の中で、しかも日本で公演出来ることは私にとっても とても特別な事でしたので、日本の皆様の前で再び踊りを披露する事が出来ず、 私自身もとても残念に悔しく思っております。 前回「シンデレラ」でNBAバレエ団の皆様と舞台をご一緒させて頂いた時に とても暖かく迎え入れて下さり、今回怪我の件に関しても久保さんから励ましと 労いの言葉を頂きました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。 急な代役を快く引き受けて下さった、英国バーミンガムロイヤルバレエ 団の 平田桃子さんと最後まで心配して下さった平野亮一さんにもダンサーとして人として尊敬できる方々に助けて頂き、とても感謝しております。 ありがとうございました。 NBAバレエ団の皆様の素晴らしい心のこもった舞台をご一緒することが出来ず、 とても残念ではありますが、きっと観客の皆様の心に残る舞台になる事と思いますのでどうぞ劇場で間近にその情熱を感じて頂けたらと思います。 最後になりましたが、また日本の皆様に舞台を観て頂けるよう毎日精進して 参りますので、これからも応援宜しくお願い致します。 そして、「ドラキュラ」の全公演のご成功を心よりお祈り申し上げます。   高田 茜



「ドラキュラ」第1幕 (2020年2月「ホラーナイト」公演) アンケートより



  • ゴシックなセットと豪華な衣装!ストーリーもわかりやすい。複数の人間が絡み合って踊るシーンも多くドキドキした。(50代女性)

  • ドラキュラは体の重さが感じられず、この世の者ではないという感覚に鳥肌がたった。(70代女性)

  • スピーディに物語が展開され、息つく暇もないほど。演技も素晴らしく、観てよかったと思える公演。(40代男性)

  • 不穏な空気が一気に恐怖になる。ダンサーも衣装・舞台装置も素晴らしい。(30代女性)

  • バレエを鑑賞してこんなに感動したのは初めて。(60代女性)

  • 斬新な演出と、ドラキュラとジョナサンの激しく優美なバレエに感動。舞踊であり演劇であり、こんなバレエがあるのだと全幕が見たくなった。(60代女性)


「ドラキュラ」あらすじ


弁護士のジョナサン・ハーカーはイギリスに土地を買ったドラキュラ伯爵の契約を成立させるためにトランシルヴェニアに旅立つことになった。村人はドラキュラ城に行かないように忠告したが、それを聞かずにハーカーは城へと向かう。城に着いたハーカーはドラキュラに歓迎され酒を飲むが、女ヴァンパイアに襲われる。気が付くと療養所で妻のミーナに抱えられていた。

ミーナの友人ルーシーはホテルで2人の求婚者と踊っていた。そこへドラキュラが姿を現す。他の客たちはドラキュラの姿に気が付かないが、ルーシーだけは茫然と立ち尽くし、意識を失いそうになる。

その後ルーシーは奇妙な夢遊病の発作に悩まされる。ルーシーの婚約者アーサーは、徐々に心身ともに衰弱していく彼女の様子を心配し友人に相談すると、医者のヴァン・ヘルシングの診察を勧められる。彼女を診察したヘルシングは、ルーシーの首筋に奇妙な傷痕を見つけ、吸血鬼に血を吸われたことによる症状だと気付く。ヘルシングは彼女の周りにニンニクを置くが、それでもドラキュラが来ることは防げず、夜中にルーシーが倒れているのが見つかる。十字架をルーシーに近づけると、彼女は突然起き上がり襲い掛かってくる。・・・。



平田桃子



群馬県太田市生まれ。 5歳から山本禮子バレエ研究所でバレエを学ぶ。 2001年、ローザンヌ国際バレエコンクールでエスポワール賞を受賞。 英国ロイヤルバレエスクールに留学。 2003年、首席で卒業後、英国バーミンガムロイヤルバレエ団入団。 2005年、常盤高等学校バレエ専攻科卒業。 2011年、スペインのコレーラバレエ団へ移籍。ニーナ・アナニアシヴィリ30周年記念公演に、アンヘル・コレーラのパートナーとして出演。 2012年、英国バーミンガムロイヤルバレエ団に移籍後、プリンシパルに昇格。 英国バーミンガムロイヤルバレエ団の日本公演にて 2015年に『シンデレラ』、2018年に『白鳥の湖』の主役を務めた。 2021年、英国舞台批評家賞 outstanding female classical performance ノミネート。 主なレパートリー ライト版「くるみ割り人形」金平糖の精、「白鳥の湖」オデット/オディール、「眠りの森の美女」オーロラ姫、「コッペリア」スワニルダ、 ビントリー版「シルヴィア」シルヴィア、「シンデレラ」シンデレラ、「パゴダの王子」さくら姫、アシュトン版「ラ・フィユ・マルガルデ」リーズ、「真夏の夜の夢」タイターニア、 マクミラン版「ロミオとジュリエット」ジュリエット、「ジゼル」ジゼル、バランシン「テーマとヴァリエーション」「セレナーデ」「アポロ」「アゴン」ウィールドン「DGV」「ポリフォニア」などで主要な役を踊る。



平野亮一



英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル。

平野節子バレエスクールでトレーニングを受ける。2001年ローザンヌ国際コンクールでプロフェッショナル賞を受賞。主なレパートリーは、「ジゼル」、「眠れる森の美女」、「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「パゴタの王子」の王子、「冬物語」のレオンテス、「ドン・キホーテ」のエスパーダ、「ロミオとジュリエット」のロミオ、「ライモンダ第3幕」のジャン・ド・ブリエンヌ、「うたかたの恋」のルドルフ皇太子、「アナスタシア」のラスプーチン、「フランケンシュタイン」のクリーチャー等。



宝満直也



幼少の頃より、北美代子バレエ研究所にてバレエを始める。新国立劇場バレエ研修所で研鑽を積んだ後2010/11シーズンより新国立劇場に入団。

David Bintley氏のクラシックレパートリーに出演しながらコンテンポラリー作品ではソリストとして抜擢され、ソロやデュオなどの重要なパートを踊る。これまでにマクミラン版「マノン」3Gents、ビントレー版「パゴダの王子」南の王、アシュトン版「シンデレラ」アグリーシスターズ、イーグリング版「くるみ割り人形」中国の踊り、バランシン「symphony in C」ドゥアト「ドゥエンデ」ノース「トロイ・ゲーム」平山素子「butterfly」中村恩恵「O solitude」などを踊る。2015年ファーストアーティスト。

自身も振付活動に注力しており、新国立劇場の振付家育成プロジェクトでは多数振付を発表している。

2015年には新国立劇場バレエ研修所にも作品を提供している。

2016年 オン・ステージ新聞 若手振付家 ベスト1選出



コメント


本来であれば2020年に上演予定だった本公演が、1年越しに上演されます。


海外から招聘する作品は常に振付家本人や、振付家が認めた作品に精通している方がゲストティーチャーとして来日してきて実際に指導してくださるのですが、それが難しい状況なので、今は振付家のマイケルさんにリモートで日々指導してもらっています。 マイケルさんの指導はきめ細やかで、自分たちはどういう人物でここがどこで何をしなければいけないのか明確に教えてくださいます。時々彼が実際に演じて見せてくれるのですが、画面越しにも本当にそこにドラキュラがいるのではないかと思ってしまうくらい迫力があります。ダンサーのモチベーションを上げるのも上手くバレエ団に良いエネルギーを送り込んでくれています。 また今回ゲスト出演してくださる、人柄もダンサーとしても本当に素敵な英国ロイヤルバレエ団の、高田茜さん、平野亮一さんと一緒にリハーサルができるのも今から楽しみです。


どれだけ頑張っても、「これでOK」というところはないので、今NBAバレエ団が出来得る最高のパフォーマンスを本番にお届けするため、皆で積み上げて行きたいと思います。


高田さん、平野さんの日本での共演は絶対に見逃して欲しくないですが、僕がドラキュラ役を演じる回も是非観ていただきたいので、これはもう両キャスト観ていただくしかないと思います。


頑張りますので、よろしくお願い致します。


竹内碧



3歳より井川けい子バレエスタジオでバレエを始める。 Kバレエスクール、ClassA Balletで学び2012年NBAバレエ団入団。 2013年 ソリスト、2017年 ファーストソリストに昇格。


主な出演作品は、『くるみ割り人形』のクララ/アラブ/ラタトゥイユ、『ロミオとジュリエット』のジュリエット、『ドン・キホーテ』のキューピッド/友人、『海賊』のギュリナーラ、『ドラキュラ』の3人のバンパイヤ、『リトルマーメイド』のリトルマーメイド、『白鳥の湖』の4羽の白鳥/マズルカ姫、『真夏の夜の夢』のヘレナ、『ケルツ』のレッドカップル、『葉は色あせて』の第1パドドゥ、『ブルッフ ヴァイオリン協奏曲 第1番』のアクアカップルなど。



コメント


NBAバレエ団として、7年ぶりの全幕上演となる『ドラキュラ』。 7年前、私は1幕に登場するバンパイアを演じていました。 リハーサルからドラキュラの世界観に圧倒され、振付と音楽が一体となり、まるで演劇の舞台のような、そこにセリフは無いのに踊りからセリフが聞こえてくる様なバレエに魅了されたのをよく覚えています。


リハーサルでは振付の一つ一つの意味を学び、自分の演じるキャラクターを深く理解する事も学びました。 そのお陰か、今でも「バンパイア踊ってみて」と言われたらすぐ踊れるくらい身体に染み込んでいます!笑


今回私はミーナを演じます。 主人公の一人ですが、7年前のドラキュラの時に、とても惹かれるキャラクターでいつか踊れたら…と思っていました。


ミーナは聡明で、うちに秘めた想いは誰よりも強く温かさに溢れた女性です。


私生活でも憧れてしまう様な女性ですが、ちょっとした仕草や目線の使い方、足の出し方などでその様な雰囲気が出せるように研究していきたいと思います。


私自身、今年の3月に出産というとても大きな出来事を経験しました。 少しバレエから離れ、新しい生命との生活は、今まで見た事の無い世界でした。 この『ドラキュラ』が産後の復帰舞台となりますが、もちろん肉体的に人一倍どころか人の十倍は努力しなくてはならないのは理解していて日々頑張っています! しかし出産を経験した事で精神的にも肉体的にも、新しいステージに行けるような気がしています。


色んな経験や想いを込めて、このドラキュラに取り組んで行きます。 バレエ団の皆と素晴らしい舞台をつくっていきますので、是非観ていただけたら嬉しいです。


大森康正



7歳よりバレエを始め、ミヤキバレエ学園に入所。その後、伊藤京子バレエスタジオにて伊藤京子に師事。 15歳の時に受けた講習会で、故A. ボンダレンコの勧めで、ロシア国立モスクワ舞踊アカデミー(ボリショイバレエ学校)に留学。故L. ジダーノフ、N. ドロホフらに師事。 2005年卒業。


その後、ウクライナキエフ子供音楽劇場(キエフクラシックバレエ)にソリストとして入団。主に「白鳥の湖」パドトロワ、ナポリ(ソリスト)、「ロミオとジュリエット」マキューシオ、「くるみ割り人形」王子、アレルキン、「眠れる森の美女」ブルーバード、猫、「シンデレラ」道化、「白雪姫」7人の小人、「ジャングルブック」「みにくいあひるの子」、「おやゆび姫」主役などを踊る。2010年に退団し、帰国。同年秋NBA バレエ団に入団。


くるみ割り人形「王子」、コッペリア「フランツ」、アルレキナーダ「ピエロ」、クレオパトラ「奴隷」、カルナバル「ピエロ」、真夏の夜の夢「デミトリウス」、ケルツ「レッド」、船木城作品「Beyond」、ドン・キホーテ「バジル」、リトルマーメイド 「王子」、海賊「ビルバンド」、ケルツ「レッド」など、全ての作品で主役、ソリストを踊る。


第6回NBA バレエコンクール高校生の部第1位 読売新聞社特別賞 2004年埼玉全国舞踊コンクール成人の部第2位など多数。



コメント


バレエ界に旋風を巻き起こした「ドラキュラ」。初演時に、自分は幸運なことに久保ディレクターとダブルキャストで「ハーカー」を踊らせていただきました。長年ディレクターはアメリカでこの役をとても大切に踊っていて、その立ち振る舞いや見せ方に必死でついていこうと無我夢中で頑張っていたのを思い出します。


あれから7年。また同じ役を踊らせていただく機会をいただき、より「ハーカー」の役を掘り下げてリハーサルに励んでいます。


コロナ禍で色々なことが制約されている今、オンラインリハーサルやマスクでのリハーサルなど自分達に出来ることを精一杯したいと思います。


今回自分は国内キャストで踊りますが、海外キャストではロイヤルバレエ団から平野さん、高田さんとすごく豪華なゲストが踊ります。皆さま、是非2キャストとも劇場に足を運んでいただけたらと思います。


竹田仁美



4歳よりシンガポールでバレエを始める。 日本では野口翠子バレエスタジオ、白鳥バレエ学園にて指導を受ける。 2003〜2005年 The Australian Ballet School留学 (2004〜2005日本海外文化庁海外研修員に選ばれる) 2006年 Rock School for Dance Education にゲストとして行く。 2007〜2012年 Houston Ballet (金平糖、クララ、オネーギンよりオルガ役、Symphony in C 第3ムーブメントプリンシパル等を踊る) 2012〜2014年 新国立劇場バレエ団契約ダンサー (シルビアよりマーズ役、シンデレラより秋の精、金森嬢『Solo for two』等を踊る)


2014年 NBAバレエ団入団。 「くるみ割り人形」よりクララ、金平糖の精、「ドン・キホーテ」よりキトリ、「白鳥の湖」よりオデット、オディール、「海賊」よりメドーラ、「リトルマーメイド 」よりマーメイド、「Stars and Stripes」よりプリンシパルカップル、「ケルツ」よりレッド、「ガチョーク賛歌」よりパ・ド・ドゥなどを踊る


2000年 NBAバレエコンクール 3位&スペシャルテクニック賞 2001年 NBAバレエコンクール 2位&スペシャルテクニック賞 2002年 ローザンヌ国際バレエコンクール エスポワール賞 2006年 ヴァルナ国際バレエコンクール 5位



コメント


いよいよドラキュラに向けて本格的にリハーサルがスタートしました。ドラキュラは私が入団する直前にやっていた作品だったので今回初めて携われる事が凄く嬉しいです。


本来昨年やる予定でしたので振り入れをしたのは2年前! 今回思い出しから始まりました。中々振り入れした時の感覚通りにはいかなかったのですが振付家のマイケルピンクさんとのオンラインレッスンが始まり実際スタジオにいて教えてくださるのと同じくらい細かく指導してくださり不安だった部分のピースが一つ一つはまっていく感覚が不思議でもあり楽しくて仕方ありません。お会いしたかったのはもちろんですが今出来るベストな方法でダンサー一同集中しながら日々頑張っています!


私達にとって振付家の方から直々指導して頂くことは一生の財産となります。この貴重な機会を大切にルーシーという役を全う出来たらと思います。


私のやるルーシー役は天真爛漫な女性で婚約者や求婚者がいるのですがドラキュラに出会い惹かれ自らドラキュラを求めてしまう。そして最後には…..


人間から吸血鬼まで、一つの作品の中で沢山の顔を持つこの役を演じるのはもの凄く難しいですがとてもやりがいを感じています。私にとっても初挑戦の役なので私なりのルーシーをマイケルさんに御指導いただきながら一からしっかり作り上げでいけたらと思います。


新しくなる装置、衣装そして音楽全てが格好良く皆様に是非生で見て頂きたい作品です。 この夏一番のドキドキワクワクを私達と共に劇場で体感して貰えたら嬉しいです。


この様な時期ではありますが是非会場に見にいらしてください!!劇場でお待ちしています!


マイケル・ピンク



ルウォーキー・バレエ史上最も長く務めている芸術監督。国際的な振付家であり、「ピーターバン」「ドラキュラ」「ノートルダムのせむし男」「ロミオとジュリエット」「ラ・ボエーム」「ドリアン・グレイ」「美女と野獣」などを振付け、“21世紀のクラシック・バレエ”として賞賛される。ロイヤル・バレエ・スクールでクラシックバレエ・ダンサーしての訓練を受け、1975年から1985年までイングリッシュ・ナショナル・バレエで活躍。パリ・オペラ座とミラノ・スカラ座でルドルフ・ヌレエフと共に働いた。ロンドンのバレエ・セントラルの初代監督であり、またノーザン・バレエでも副芸術監督を務めた。



with NBA会員様チケットご購入特典


「ドラキュラ」チケットをご購入頂いた方の特典は下記の通りです。 ※会員証をお忘れなくお持ちください。 ※会員様ご本人のみご参加可能です。


公開リハーサル

















日時 7月30日(金)12:30~、8月2日(月)12:30~ ※8月2日は中止となりました
場所 NBAバレエ団スタジオ(〒359-1102 埼玉県所沢市岩岡町281-11)

西武新宿線新所沢駅より徒歩15分
内容 「ドラキュラ」リハーサルをご覧いただけます。(1時間程度)

※事前予約は必要ありません。会員証をお持ちの上、当日直接ご来場ください。

バックステージツアー


※新型コロナウイルス感染拡大を受け、中止となりました。(2021.8.2)





















日時 8月7日(土)13:00、8月8日(日)11:00
場所 新国立劇場中劇場 入口
内容 新国立劇場のバックステージをご覧いただけます。
事前予約 事前予約が必要です。予約締切:7月9日(金)17:00

(会員専用ページにリンクがございます)



芸術監督・演出:久保紘一 原作:ブラム・ストーカー 作曲:フィリップ・フィーニー 振付:マイケル・ピンク