公演案内

ホーム > 公演案内 > シンデレラ

NBAバレエ団公演案内

『シンデレラ』

2021年2月6日(土) 7日(日) 東京文化会館 大ホール


元英国ロイヤルバレエ団プリンシパル、ヨハン・コボーによる新作「シンデレラ」を世界初演。
英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで実写映画版「キャッツ」にも出演した、フランチェスカ・ヘイワードがシンデレラ役としてゲスト出演!(2月6日)※2月7日シンデレラ:野久保奈央


公演概要


座席表
公 演 名: 『シンデレラ』
日   時: 2021年2月6日(土) 18:00開演(17:15開場)
2021年2月7日(日) 14:00開演(13:15開場)
チケット料金: SS席 12,000円
S席 10,000円
A席 8,000円
B席 5,000円
※3歳未満の入場はご遠慮ください。
会   場: 東京文化会館 大ホール
チケットご購入: NBAバレエ団
TEL:04-2937-4931(月~金/9:00~17:00)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999(Pコード:502743)
イープラス

with NBA先行発売開始:2020年10月23日予定
一般発売開始:2020年10月30日予定
協   賛: サントリービバレッジソリューション株式会社、チャコット株式会社、株式会社エンジェルアール、所沢パークホテル
主   催: NBAバレエ団
指   揮: 冨田実里
演   奏: NBAバレエ団オーケストラ


フランチェスカ・ヘイワード(英国ロイヤルバレエ団プリンシパル)

ランチェスカ・ヘイワードは英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで、2003年から2011年までロイヤル・バレエ・スクールで学んだ。ロイヤル・バレエ・スクール在学中にリン・シーモア賞受賞。2010年にヤング・ブリティッシュ・ダンサー・オブ・ザ・イヤー賞受賞。2010年ジェニー国際バレエ・コンクールで銀賞と観客賞を同時受賞。卒業後2011/2012シーズンにロイヤルバレエ団に入団。2012年にはエリック・ブルーン賞にロイヤルバレエ団を代表して参加し、2014年には新人賞受賞。2016年グリシコ賞最優秀女性ダンサー賞受賞。2019年英国批評家協会賞の最優秀女性タンジュ賞受賞。
フランチェスカのロイヤルバレエのレパートリーには、ジュリエット、マノン、ジゼル、アリス。真夏の夜の夢のタイターニア、くるみ割り人形のクララと金平糖の精、眠れる森の美女のオーロラ姫とフロリナ王女、リーズの結婚のリーズ、オンディーヌのパドドゥ、ラプソディの女性プリンシパル、シンフォニー・イン・C第4楽章の女性プリンシパル、冬物語のパーディタ、インヴィテーションの少女、うたかたの恋のステファニー王女、田園の出来事のヴェラ、タランテラとエメラルドでの女性プリンシパル、コンチェルトの第1楽章のプリンシパルなどがある。
フランチェスカは、バレエボーイズが監督したロイヤル・バレエの映画ロミオとジュリエット:ビヨンド・ワードでジュリエットを演じた。2019年には映画版キャッツにヴィクトリア役で出演した。



ヨハン・コボー(元英国ロイヤルバレエ団プリンシパル)

英国ロイヤルバレエ団とデンマーク・ロイヤル・バレエ団でプリンシパル・ダンサーを務め、デンマーク・ロイヤル・バレエ団ではコッペリア、ジゼル、白鳥の湖、ラ・シルフィード、ナポリ等、英国ロイヤルバレエ団ではジゼル、ドン・キホーテ、オネーギン、バヤデール、シンデレラ、うたかたの恋、マノン、ロミオとジュリエット等多数主演。アメリカン・バレエ・シアターやマリインスキー・バレエ、ボリショイ・バレエ・東京バレエ団等世界の有名バレエ団で主演し輝かしい経歴を誇る。
振付家としてはドン・キホーテ、ロミオとジュリエット、ジゼル、レ・リュタン、ラ・シルフィード等振付けた。
2013年から2016年までのルーマニア国立バレエの芸術監督在任期間中、アシュトン、キリアン、バランシン、マクミラン等の作品を初めてルーマニアに紹介し賞賛を受けた。ガラ公演は、アリーナ・コジョカルとの東京公演、NYリンカーン・センターやクィーン・エリザベス・ホールでのチャリティ公演など多数ある。
2018年のヌレエフの伝記映画「ホワイト・クロウ」でバレエ・アドバイザー及び振付を担当した。
メディアにも多数出演し、アイチューンズのストリーミング配信にアリーナ・コジョカルと共に出演し、クラシック部門ダウンロード第一位になる。1999年BBCのライブ放送でロイヤル・オペラ・ハウスの再オープン祝賀会で踊る。
ダンサーとして、1993年エリック・ブルーン・コンクール金賞、1994年ジャクソン国際バレエ・コンクールでグランプリ、ヌレエフ・バレエ・コンクールでグランプリ等受賞。振付家として、ラ・シルフィードで2006年にローレンス・オリビエ賞にノミネートされ、ダンス・ヨーロッパやゴールデン・マスク賞など多数ノミネートされた。

キャスト

※出演者の怪我・病気、その他の都合により変更になる場合があります。
 変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の振替は致しかねます。





見どころ

誰もが知っているシャルル・ペロー原作の物語、「シンデレラ」。バレエ版「シンデレラ」は楽しさやロマンス、そして華麗なダンスに満ちあふれた作品で、振付家によりさまざまなアレンジがされています。今回、ヨハン・コボーが手掛ける「シンデレラ」は、信じることの力を発見し、過酷な状況で“真実の愛”を見つける少女の夢と友情の物語となっています。
シンデレラはバレリーナに憧れる少女。
より暖かくユーモアあふれる物語となり、意外性のあるワクワクする演出がちりばめられています。

今回、NBAバレエ団は1年以上前からこのシンデレラのプロジェクトを開始し制作を進めていましたが、新型コロナウイルスの影響で2020年に上演予定だった公演が相次いで中止を余儀なくされ、バレエ団を維持するだけで精いっぱいという状態に陥いりました。
「シンデレラ」公演は新作のため舞台装置や衣装がすべて新規作成となりますが、衣装制作等に充てるはずだった資金もバレエ団の維持に充てられ、上演自体危ぶまれる状況となりました。そこで初めてクラウドファンディングを行い、広く衣装制作費の支援を募り、約2か月で202名より目標額300万円を上回る418万円の資金を集め、ようやく今回の「シンデレラ」上演が決定しました。皆さまの支援の輪が広がり、完成した新作衣装に是非注目してください。

ゲストには英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで、2020年1月公開の実写映画版「キャッツ」では主役のキュートな白猫ヴィクトリアを演じた、フランチェスカ・ヘイワードを迎えます。157㎝と小柄ながら世界で活躍する存在感のある踊りと、ヨハン・コボーによる従来の古典作品では見られない高難度の振付は必見です。



芸術監督 久保紘一よりメッセージ

今回「シンデレラ」を上演するにあたり、バレエを観ることによる感動とは何だろうと考えました。もちろんそれは素晴らしいダンサーの踊りを観た時に勝るものはありませんが、と同時に新しいものに触れた時の高揚感やスリルなども含まれるのでは、と考え(無論それは期待を裏切られる事も含め、映画などもそうですが、)どのようにしたら皆様へ新しい作品を観る喜びを感じて頂けるのか、ということに主眼を置いて振付家へのアプローチを致しました。
そこで真っ先に思い浮かんだのが、同年代で活力と想像力に満ち溢れているヨハン・コボー氏でした。彼は長年英国ロイヤルバレエ団などで最高位のプリンシパルとして活躍した後、欧州のバレエ団芸術監督として、また近年は振付・演出家としても活躍しており、2019年にはアリーナ・コジョカル、セルゲイ・ポルーニンを主役に迎えた「ロミオとジュリエット」を手がけ、イタリア・ヴェロナの野外劇場にて10,000人を動員しました。
彼の演出が特に素晴らしいと感じたのは、既存の演出、振付に囚われず、また舞台装置も彫刻家に依頼するなど、その独自性にあると思います。
今回も時代設定的には通常とは異なり、現代になります。
また既に一部オンラインで振付がスタートしていますが、かなりチャレンジングで、ダンサーがこれをどう消化し、皆様に披露することが出来るのか、私も今から楽しみです。
NBAバレエ団芸術監督 久保綋一



振付家 ヨハン・コボーよりメッセージ

ロンドンにてシンデレラの制作に取り組み、NBAバレエ団芸術監督久保綋一氏、素晴らしいスタッフとともに作品を作り上げられることは本当に素晴らしい喜びです。
全てのビジュアルコンセプトが完成しましたが、これから日本でNBAバレエ団の素晴らしいアーティストと一緒に振付と制作を始めることをとても楽しみにしています。
信じることの力を発見し、過酷な状況で“真実の愛” を見つけるこの物語は、現在私たちが暮らすこの不安定な時代において、より多くの希望を見出すものであると思います。
有名な物語や新しいバージョンのバレエを制作すること、そして今日のダンサーがこの素晴らしい創造的なプロセスに参加することは、情熱を持つアーティストとしての義務であり、バレエの維持と発展にもつながります。
このシンデレラに命を吹き込み、幻想と創造性の素晴らしい世界を皆様に示し、精神を高め、皆様の心を動かすことを本当に期待しています。
ヨハン・コボー



芸術監督・演出:久保綋一 
原作:シャルル・ペロー
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:ヨハン・コボー

チケット購入

このページの先頭へ