公演案内

ホーム > 公演案内 > シンデレラ

NBAバレエ団公演案内

『シンデレラ』

2021年2月6日(土) 7日(日) 東京文化会館 大ホール


元英国ロイヤルバレエ団プリンシパル、ヨハン・コボーによる新作「シンデレラ」を世界初演。
英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで実写映画版「キャッツ」にも出演した、フランチェスカ・ヘイワードがシンデレラ役としてゲスト出演!


公演概要


公 演 名: 『シンデレラ』
日   時: 2021年2月6日(土) 18:00開演(17:15開場)
2021年2月7日(日) 14:00開演(13:15開場)
チケット料金: 未定
※3歳未満の入場はご遠慮ください。
会   場: 東京文化会館 大ホール
チケットご購入: NBAバレエ団
TEL:04-2937-4931(月~金/9:00~17:00)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999(Pコード:502743)
イープラス

with NBA先行発売開始:2020年10月予定
一般発売開始:2020年10月予定
協賛: サントリービバレッジソリューション株式会社、チャコット株式会社、株式会社エンジェルアール、所沢パークホテル
主催: NBAバレエ団




フランチェスカ・ヘイワード(英国ロイヤルバレエ団プリンシパル)

ランチェスカ・ヘイワードは英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで、2003年から2011年までロイヤル・バレエ・スクールで学んだ。ロイヤル・バレエ・スクール在学中にリン・シーモア賞受賞。2010年にヤング・ブリティッシュ・ダンサー・オブ・ザ・イヤー賞受賞。2010年ジェニー国際バレエ・コンクールで銀賞と観客賞を同時受賞。卒業後2011/2012シーズンにロイヤルバレエ団に入団。2012年にはエリック・ブルーン賞にロイヤルバレエ団を代表して参加し、2014年には新人賞受賞。2016年グリシコ賞最優秀女性ダンサー賞受賞。2019年英国批評家協会賞の最優秀女性タンジュ賞受賞。
フランチェスカのロイヤルバレエのレパートリーには、ジュリエット、マノン、ジゼル、アリス。真夏の夜の夢のタイターニア、くるみ割り人形のクララと金平糖の精、眠れる森の美女のオーロラ姫とフロリナ王女、リーズの結婚のリーズ、オンディーヌのパドドゥ、ラプソディの女性プリンシパル、シンフォニー・イン・C第4楽章の女性プリンシパル、冬物語のパーディタ、インヴィテーションの少女、うたかたの恋のステファニー王女、田園の出来事のヴェラ、タランテラとエメラルドでの女性プリンシパル、コンチェルトの第1楽章のプリンシパルなどがある。
フランチェスカは、バレエボーイズが監督したロイヤル・バレエの映画ロミオとジュリエット:ビヨンド・ワードでジュリエットを演じた。2019年には映画版キャッツにヴィクトリア役で出演した。



ヨハン・コボー(元英国ロイヤルバレエ団プリンシパル)

英国ロイヤルバレエ団とデンマーク・ロイヤル・バレエ団でプリンシパル・ダンサーを務め、デンマーク・ロイヤル・バレエ団ではコッペリア、ジゼル、白鳥の湖、ラ・シルフィード、ナポリ等、英国ロイヤルバレエ団ではジゼル、ドン・キホーテ、オネーギン、バヤデール、シンデレラ、うたかたの恋、マノン、ロミオとジュリエット等多数主演。アメリカン・バレエ・シアターやマリインスキー・バレエ、ボリショイ・バレエ・東京バレエ団等世界の有名バレエ団で主演し輝かしい経歴を誇る。
振付家としてはドン・キホーテ、ロミオとジュリエット、ジゼル、レ・リュタン、ラ・シルフィード等振付けた。
2013年から2016年までのルーマニア国立バレエの芸術監督在任期間中、アシュトン、キリアン、バランシン、マクミラン等の作品を初めてルーマニアに紹介し賞賛を受けた。ガラ公演は、アリーナ・コジョカルとの東京公演、NYリンカーン・センターやクィーン・エリザベス・ホールでのチャリティ公演など多数ある。
2018年のヌレエフの伝記映画「ホワイト・クロウ」でバレエ・アドバイザー及び振付を担当した。
メディアにも多数出演し、アイチューンズのストリーミング配信にアリーナ・コジョカルと共に出演し、クラシック部門ダウンロード第一位になる。1999年BBCのライブ放送でロイヤル・オペラ・ハウスの再オープン祝賀会で踊る。
ダンサーとして、1993年エリック・ブルーン・コンクール金賞、1994年ジャクソン国際バレエ・コンクールでグランプリ、ヌレエフ・バレエ・コンクールでグランプリ等受賞。振付家として、ラ・シルフィードで2006年にローレンス・オリビエ賞にノミネートされ、ダンス・ヨーロッパやゴールデン・マスク賞など多数ノミネートされた。



芸術監督・演出:久保綋一 
原作:シャルル・ペロー
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:ヨハン・コボー

チケット購入

このページの先頭へ