公演案内

ホーム > 公演案内 > ドラキュラ

NBAバレエ団公演案内

『ドラキュラ』

2020年8月1日(土)2日(日) 新国立劇場 オペラパレス


アメリカで大旋風を巻き起こした話題作、ブラム・ストーカー原作「ドラキュラ」全幕がついに甦る!
NBAバレエ団が2014年に日本初演を果たし話題を呼び、芸術監督久保綋一が、第69回文化庁芸術祭舞踊部門新人賞を受賞した作品。



ゲスト出演決定!!

<英国ロイヤルバレエ団 プリンシパル> サラ・ラム、
<英国ロイヤルバレエ団 プリンシパル> 平野亮一の出演決定!8月1日13:00公演/2日14:00公演


サラ・ラム

サラ・ラムはマサチューセッツ州ボストン生まれ、ニコライ・レガートの孫のタチアナ・レガートに学ぶ。
大統領名誉賞を受賞し、ホワイトハウスで金メダルを授与された。ニューヨーク国際バレエコンクールで最優秀賞、USA国際バレエコンクールと名古屋国際バレエコンクールで銀メダルを受賞。 ボストンバレエに入団し、プリンシパル昇格前にカルロス・アコスタとラフィーユ・マル・ガルデのデビューを果たした。
2004年にロイヤルバレエに入団、2006年にプリンシパルに昇格。レパートリーは、白鳥の湖、眠れる森の美女、ジゼル、ドン・キホーテ、ラ・バヤデール、ロミオとジュリエット、マノン、シンフォニー・イン・C等の主役を踊る。
ウェイン・マクレガーのクローマ、レイブン・ガールや、クリストファー・ウィールドンの冬物語、不思議の国のアリス、DGV等多数の作品に出演。レパートリーにはコンテンポラリー振付家だけでなく、マクミランやアシュトンのバレエもある。



平野 亮一

英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル。
平野節子バレエスクールでトレーニングを受ける。2001年ローザンヌ国際コンクールでプロフェッショナル賞を受賞。主なレパートリーは、「ジゼル」、「眠れる森の美女」、「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「パゴタの王子」の王子、「冬物語」のレオンテス、「ドン・キホーテ」のエスパーダ、「ロミオとジュリエット」のロミオ、「ライモンダ第3幕」のジャン・ド・ブリエンヌ、「うたかたの恋」のルドルフ皇太子、「アナスタシア」のラスプーチン、「フランケンシュタイン」のクリーチャー等。




公演概要


座席表
公 演 名: 『ドラキュラ』
日   時: 2020年8月1日(土)
 開場12:30・開演13:00
 開場18:00・開演18:30
2020年8月2日(日)
 開場13:30・開演14:00
チケット料金: S席 12,000円
A席 10,000円
B席 8,000円
C席 4,000円
※3歳未満の入場はご遠慮ください。
会   場: 新国立劇場 オペラパレス
チケットご購入: NBAバレエ団
TEL:04-2937-4931(月~金/9:00~17:00)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999(Pコード:499-444)
イープラス(※2/28より)
協賛: サントリービバレッジソリューション株式会社、チャコット株式会社、所沢パークホテル、株式会社エンジェルアール
主催: NBAバレエ団


公演チケット購入はこちら



キャスト

※出演者の怪我・病気、その他の都合により変更になる場合があります。
 変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の振替は致しかねます。





「ドラキュラ」第一幕 あらすじ

 弁護士であるジョナサン・ハーカーは、イギリスに土地を買ったドラキュラ伯爵の契約を成立させるために、トランシルヴェニアに旅立つことになった。彼の妻であるミーナ・ハーカーとドクター・ヴァン・ヘルシングが、見送りのため駅まで来ていたが、そこに精神病患者であるレンフィールドが通りかかり、不穏な事件が起こる。
 ハーカーがトランシルヴェニアに着くと、村人たちは生贄を捧げ恐ろしい儀式をしていた。その日は“All Souls Night”と呼ばれる悪魔の日で、悪霊たちから村を守るための儀式であった。 その儀式の途中でドラキュラ城からの使者がハーカーを迎えに来る。一人の村人の女がハーカーにドラキュラ城に行かないようにと、止めに来る。彼女は生まれたばかりの赤ん坊を亡くし、絶望的な悲しみにくれていた。しかし、ハーカーはその忠告を聞かずドラキュラのもとへ向かう。
 城についたハーカーはドラキュラに歓迎されるが・・・・



振付家:マイケル・ピンク

ミルウォーキー・バレエ史上最も長く務めている芸術監督。国際的な振付家であり、「ピーターバン」「ドラキュラ」「ノートルダムのせむし男」「ロミオとジュリエット」「ラ・ボエーム」「ドリアン・グレイ」「美女と野獣」などを振付け、“21世紀のクラシック・バレエ”として賞賛される。ロイヤル・バレエ・スクールでクラシックバレエ・ダンサーしての訓練を受け、1975年から1985年までイングリッシュ・ナショナル・バレエで活躍。パリ・オペラ座とミラノ・スカラ座でルドルフ・ヌレエフと共に働いた。ロンドンのバレエ・セントラルの初代監督であり、またノーザン・バレエでも副芸術監督を務めた。




芸術監督・演出:久保綋一 
原作:ブラム・ストーカー
作曲:フィリップ・フィーニー
振付:マイケル・ピンク

チケット購入

このページの先頭へ