プティパ版コッペリア 全三幕(セルゲイ・ヴィハレフ)

the Coppélia

プティパ版コッペリア 全三幕(セルゲイ・ヴィハレフ) 写真1
2005年1月29日・30日公演 メルパルクホール

セルゲイ・ヴィハレフ氏による本邦初演の画期的な公演。

公演形式

文化庁重点支援公演

作品紹介

ロシアバレエの栄光を携えNBAバレエ団の為にセルゲイヴィハレフが本邦初演を果たした画期的公演。
ワガノワバレエの指導者として活躍の同氏と共に、同じくロシアバレエレエで現在はボストンバレエのプリンシパルとして活躍のラリッサ・ポノマレンコをスワニルダに迎え古典の名作を公演した。

プティパ版コッペリア 全三幕(セルゲイ・ヴィハレフ) 写真2

作品クレジット

振付 セルゲイ・ヴィハレフ 原作振付 マリウス・プティパ
音楽 レオ・ドリーブ 作曲 P.Iチャイコフスキー
バレエミストレス 大畠律子/永野百合子 バレエマスター
指揮者 榊原徹 演奏 東京劇場管弦楽団
舞台監督 西沢明彦(株式会社遊カンパニー)
美術デザイン 百號画房 美術制作 東百号画房・東宝舞台
照明プラン エクサート松﨑・後藤武 照明 エクサート松﨑・後藤武
衣装デザイン ヴィチェスラフ・オクネフ 衣装 鳥沢京子(有限会社コスチューム京)
音響プラン 藤居俊夫 音響 藤居俊夫
監修 セルゲイ・ヴィハレフ
ゲスト出演 ラリッサ・ポノマレンコ(ボストンバレエ団プリンシパル)
主な出演者 スワニルダ 29日 田熊 弓子
      30日 ラリッサ・ポノマレンコ
フランツ  セルゲイ・サボチェンコ 
後援 ロシア大使館